くらしのヒント

自宅で供養できる宅墓とは?

遺骨を納骨せずに自宅で供養することを「手元供養」「自宅供養」といいます。「宅墓」は霊園や墓地にお墓を建てない手元供養になるので、遠方までお墓参りにいかずに身近に故人を偲ぶことができます。

以前「おひとりさまのお墓事情」でも紹介しましたが、最近はお墓の選択肢が増えてきました。「宅墓」は供養してくれる人がいることが前提になりますので、わたしのようなおひとりさまにはあまり関係ないかもしれませんが、お墓のひとつの形として知っておいてもよさそうです。

お墓のサブスクリプションって?お墓のサブスクリプションサービスがある?いったいどんなサービスなのでしょうか。メリットデメリットは? ...
おひとりさまのお墓事情おひとりさまのお墓事情。現在ではいろいろなお墓選びが選択できます。まだまだ先のことかもしれませんが、今どんな選択肢があるか一度考えてみる価値はあるのではないでしょうか?...

宅墓とは?

遺骨を納骨せず、遺骨の全てもしくは一部を自宅に残して供養します。故人が住み慣れた家で残された家族が身近に供養できます。また、最近では少子化などでお墓を子や孫に継ぐことができないこともあり、宅墓も選択肢の一つとして増えてきているそうです。

わたしも一人っ子でおひとりさまなので、もし両親のお墓を建てたとしても継いでもらうことができません。それであれば身近で供養してあげる方がいいかもしれません。両親が元気なうちに一度話し合っておいた方がよさそうです。

メリット・デメリット

それでは、宅墓のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。とにかく、遺骨の管理と身内・親族との話し合いが重要になってきそうです。

メリット

  • 故人を身近に感じることができる
  • 引っ越しなどをしてもお墓の場所を選ばない
  • 費用を抑えられる

etc.

デメリット

  • 遺骨にカビなど発生しないよう、管理が必要
  • 後々トラブルにならないよう親族の理解を得ることが必要
  • 供養している人が亡くなった場合のことも考えておく必要がある

etc.

法律上の問題は…

墓地埋葬法では墓地以外の区域に埋葬することは違法となります。宅墓といっても、自宅の敷地内に納骨してお墓を建ててはいけません。遺骨を自宅に保管しておく場合は埋葬には当たりませんので問題ありません。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!