くらしのヒント

おひとりさまのお墓事情

結婚していれば夫の家のお墓に入るというのが一般的だと思うのですが、おひとりさま女性はお墓をどうするべきか?少子高齢化で将来お墓の数が足りなくなり、価格が高騰するかもしれない…ならば今のうちにお墓の購入を考えておくべきか…など不安になります。

まだまだ先のことかもしれませんが、今どんな選択肢があるか一度考えてみようと思います。

そもそもお墓が必要かどうか?

おひとりさまで家族など残された人がいない場合、入るお墓があったとしてもいったい誰が管理・供養してくれるのでしょうか?

親族が管理・供養してくれるかもしれませんが、親族と疎遠になっていた場合、気が引けますし、経済的に負担をかけたくない。おひとりさまなら、当然そう考えてしまいます。

最近では、散骨や樹木葬などを選択肢として考えている方も多いようです。また、家族ではなく友人や仲間、ペットと同じお墓に入ることもできます。

自分にとってどんな選択が良いか考えておくことで、少しだけ不安が解消されます。

いろいろな供養の種類

海への散骨

船から海に散骨を行います。お墓の費用などがかかりませんが、一度散骨すると当たり前ですが、遺骨は手元に戻ってきませんので、残される人がいるなら慎重な決断が必要です。

樹木葬

木を墓標にその下に遺骨を埋葬します。埋葬ごとに1本植樹することもあれば、多くの方々と埋葬されることもあり、施設によって金額も埋葬の方法も様々です。

永代供養

一度の支払いで、あとは管理費の支払いは必要なく家族に代わって、寺院や霊園が供養してくれます。お墓の跡継ぎがいない場合や親族に迷惑をかけたくないという方が利用されることが多いようです。

納骨堂

お墓参りがしやすく、都心部で人気があるのは納骨堂です。室内に遺骨を収めるスペースを確保します。

ロッカータイプやマンションタイプなどがあり、管理費が必要な場合がありますが、お墓を立てるよりは安くすみます。清掃などの手間がかからず、残された人への負担が軽く済みます。

一定期間で永代供養のお墓に納めてもらうように契約できるので事前に確認が必要です。

自分の希望を叶えるには

いかがでしたか?今ではお墓や供養の形も様々で、親族に迷惑かけないで済む方法もあり、ホッとしますね。

ただ、自分の希望が決まっていたとしても、それを誰かに伝えておかないと、望んでいた通りにならないかも知れません。頼れる人がいる場合は必ず自分の希望を伝えてください。

頼れる人がいない場合は、納骨などを代行してくれる終活サポートサービスなどを活用するといいと思います。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!