くらしのヒント

「45歳定年制度」どう思う?

ちょっと前にネットやニュースを騒がせた、サントリーホールディングスの新浪剛史社長が提言した「45歳定年制度」。わたしは派遣社員なので定年自体関係ないのですが、もし苦労して就職した会社の社長がこのような発言をしたとしたら、絶望を感じてしまいます。

翌日には新浪社長も「首切り」を意味するところではないと釈明していましたが、新浪社長の言う「45歳定年制度」は何だったのか?ネットニュースの見出しだけでは判断できません。ちょっと詳しく見ていきたいと思います。

新浪社長の発言

  • 45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要
  • 45歳定年であれば、20代・30代も将来のために勉強するようになる

これを聞いたら、今働いている人たちは、若くて体力のあるうちだけ働かせて、45歳になったら辞めさせられるなんてあまりにもひどいと思っても仕方ないですよね。しかも、発言している本人はもちろん45歳を越えているわけですし、反発が広がるのも当然です。

SNSなどでの反響は大きく、新浪社長もさすがに翌日釈明。そこでは…

  • 首切りということではなく、希望するなら継続して再雇用
  • スタートアップへの転職など選択肢を提供できる仕組みが必要
  • 企業は人を育てる責任がある

そりゃそうですよね。サントリーはどうか分かりませんが、20代・30代は会社の仕事で精一杯で一番残業が多い時期ではないでしょうか。そんな時に、20代・30代で勉強しろと言われてもなかなか難しいのが現実です。会社の業務の中で学んでいける仕組みや残業のない環境がないと実現は難しいでしょう。

あくまで人生の節目である45歳で選択肢を多くし、人材の流動を目的とした発言のようですが、本当に45歳定年制度を取り入れるなら、サントリーだけではなく他の企業・国を含めた社会全体の見直しが必要になります。

一方、政府は70歳まで働ける機会を与えるため、企業に定年を70歳まで引き上げることを「努力義務」としています。 すぐに45歳定年制度を取り入れられるとは思えませんが、今後同じように考える経営者が多くなれば「会社に頼っていく」ことはできなくなりそうですね。

70歳まで働ける?70歳就業法って?2021年4月1日に施行された「70歳就業法」って、今までの「高年齢者雇用安定法」とどう違うのか勉強したいと思います。...

会社に頼らない生き方とは?

年金の受給額は今後減る可能性が高いと言われて、少しでも長く働こうと思っていたのに45歳で定年。年金も会社も頼れないなんてどうやって生きていったらいいのか。誰にも頼らず自分で生きていけということなのでしょうか。

おそらく、大企業で仕事のできる人たちは45歳定年制度が導入されたとしても問題ないのでしょう。むしろ良い条件で他の企業に転職できるかもしれませんね。仕事のできる人は環境が変わってもできる人なので。

個人的な意見ですが、世の中そんなに「できる人たち」ばかりなのでしょうか。要領は良くなくても会社のために頑張っている人、コミュニケーションは苦手だけど頑張って働いている人だっています。わたしも決して仕事ができる人間ではありません。45歳定年制度はどうしても「できる人たち」だけが、有利に生き残れるような仕組みになりそうな気がします。

先日もパナソニックの早期退職者1,000人越えなどのニュースもありました。どちらにせよ、終身雇用で会社が最後まで面倒見てくれる時代ではないようです。いくら愛社精神があったとしても、です。

であれば、悔しいですが新浪社長の言う通り、学びなおしをするか、副業をするのが良さそうです。新浪社長に文句を言っても始まらないので、わたしたちも行動に移すことが大事ですね。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!