節約

その市販薬もしかしたら節税になるかも?

セルフメディケーション税制(特定の医薬品購入額の所得控除制度)というのをご存じでしょうか。実はわたしも最近知ったのですが、ドラックストアなどで売っている市販薬の代金が課税所得から控除される制度です。

制度の利用には条件がやや複雑ですが、セルフメディケーション税制の仕組みを知っておいて、いざというときは忘れずに申請できるようにしたいですね。

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制(特定の医薬品購入額の所得控除制度)は医療費控除の特例として、スイッチOTC医薬品を購入した際に、年間の購入合計額が税込12,000円を超えた分について、その費用を所得から控除することができる制度です。

スイッチOTC医薬品とは、従来は医師の処方箋が必要だった医療用医薬品をドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品に転用したものになります。

セルフメディケーション税制は医療費の増加を抑えるために始まった制度です。なるべく医療機関を受けずに、スイッチOTC医薬品を上手に利用することで自身の健康管理を行い、医療費を抑えることが目的のひとつです。

条件

セルフメディケーション税制を利用するためには以下の条件を満たす必要があります。

  1. 所得税や住民税を納めている人
  2. 対象となるスイッチOTC医薬品を本人と扶養家族(生計を一にする家族)の分を合わせて12,000円を超えた人(控除上限88,000円まで)
  3. 申請の対象となる年に、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、がん検診など健康のための一定の取組を行っており、病気の予防や健康増進に取り組んでいること
  4. 医療費控除を受けていないこと

予防接種や健康診断の受診が必要

申告を行う対象となる年(対象の医薬品を12,000円以上購入した年)に、健康のための一定の取組を行っている必要があり、その領収書又は結果通知表を保存しておかなくてはなりません。一定の取組とは予防接種や健康診断の受診などがあり、詳しくは下記のリンクよりご確認ください。

いくらお得になる?

それでは、セルフメディケーション税制を利用した場合に実際いくら節税できるか計算したいと思います。

例)課税所得400万円の人が2万円分のスイッチOTC医薬品を購入した場合

まずは、控除対象金額を計算します。

購入金額 20,000円 - 下限額 12,000円 = 8,000円 が課税所得から控除される

次に実際いくら節税できるのか計算します。

<所得税>控除額 8,000円 × 所得税率 20% = 1,600円

<住民税>控除額 8,000円 × 住民税率 10% = 800円

合計:2,400円の節税効果になります。

セルフメディケーション税制の注意点

全ての市販薬が対象ではない

医療用医薬品で使われている薬効82成分が含まれているスイッチOTC医薬品のみが対象となります。と言われても、素人には何のことかイマイチ分かりません。

下記ページ「2 セルフメディケーション税制対象品目一覧」より調べることができます。自分がよく使用しているお薬が対象か調べておくと買い物のときに困りませんね。

わざわざ調べるのがめんどくさいときは、パッケージを見ればセルフメディケーション税制の対象商品かどうかわかるようになっています。(ただし表示義務があるわけではないので、マークが付いていないものもあります。)

セルフメディケーション税制の対象商品のマーク

また、購入時のレシートにもセルフメディケーション税制の対象商品には★印や◆印などが記載されます。レシートは申請の際に必要になりますので必ず取っておくようにしましょう

医療費控除との併用はできない

医療費控除を受けていないこと」が条件としてあるように、医療費控除の特例としてセルフメディケーション税制の制度があるため、医療費控除とセルフメディケーション税制併用できません。どちらも利用できる条件にある場合は、より節税効果があるほうのみを申請しましょう。

健康のための一定の取組のための費用は対象外

セルフメディケーション税制を利用するために「健康のための一定の取組を行っている必要があり、その領収書又は結果通知表を保存」という条件がありましたが、健康のための一定の取組(健康診断など)にかかった費用はセルフメディケーション税制の対象外となります。

確定申告が必要

セルフメディケーション税制(医療費控除)は会社の年末調整では申請ができませんので、確定申告が必要になります。確定申告には薬局・ドラッグストアのレシートが必要になりますので、捨てずに取っておくようにしましょう。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!