節約

リボ払いの罠にはまるところでした…

ポイントキャンペーンに目がくらんで

ポイ活にハマってしまい、ポイントを少しでも貯めたくて、いろいろなキャンペーンを調べていると、某クレジットカードのキャンペーンで「リボ払い20,000円以上で2,000ポイントキャンペーン」を見つけました。

リボ払いは若いころ痛い目にあっているのですが、1回だけ20,000円をリボ払いで使って、リボ払いの設定を10,000円にしておけば2回で支払い終わって、利息が発生したとしてもポイントの還元を考えたらおトクかなと思って、エントリーしました。

エントリー後、カードの設定画面からリボ払いの設定の変更が必要らしく、設定方法を確認すると「自動リボに登録」とありました。ん?自動リボってなに?と少し不安に感じ、改めてキャンペーンの条件を見てみると、自動リボとは翌月一括払いの利用を全てリボにするというものでした。さらに、2,000ポイントもらうために、およそ2か月ほど自動リボを継続しなくてはなりません。

最近はリボ払いを使っていないので、自動リボというシステムをわかっていませんでした。支払い時にリボ払いを指定して初めてリボ払いになるものと思っていたので、あやうく2か月分の支払いがまるまるリボになるところでした。

リボの年利は15%!

年利15%の支払総額を若いころ理解できていなかったため、かなり痛い目にあったことがあります。若い女性にありがちな、ブランドバッグをリボで組んでしまったのです。いつまで経っても返済が終わらないのでちゃんと計算してみたら、毎月元本がほとんど減っていない状態。利息ってホントに怖いですよね。

例えば、50万円の時計をリボ払いを年利15%で毎月1万円ずつ返済にした場合

  • 返済回数:76回(6年7か月)
  • 支払総額:789,557円
  • うち利息・手数料:289,557円

例えば、50万円の時計をリボ払いを年利15%で毎月7千円ずつ返済にした場合

  • 返済回数:180回(15年)
  • 支払総額:1,258,613円
  • うち利息・手数料:758,613

毎月7千円ずつでは、最終的にはらう利息は時計本体を超えてしまっています。そして支払いが終わるのがなんと15年後…リボの怖いところは元金が一向に減っていかないところです。リボ払いはやっぱり絶対に使うべきではないなと感じました。

どうしても、リボ払いで買いたいものがある!というときは、一度立ち止まって下記サイトで計算してみるといいかもしれませんね!利息の多さにばかばかしく感じると思います。

生活や実務に役立つ高精度計算サイト「keisan」

【 ローン・リボ払い 】 返済回数と返済総額の計算

リボ払いの罠

若者の間でリボ払いによる多重債務が増えているそうです。若いころのわたし同様、金融リテラシーが低いことが原因です。最近はクレジットカード会社もあらゆる手を使って、リボ払いの罠に陥れようとしているようです。

毎月一定額の支払いという罠

毎月一定額だけの支払いなら家計の管理がしやすいと勘違いさせられます。利息にいくら支払っているかもわからないまま、どんどんリボ払いを使ってしまいます。

クレジットカード契約時の罠

最近はリボ払い専用クレジットカードとか、支払い方法で分割払いが選べず、一括かリボ払いしか選べないクレジットカードもあるんだとか。また、普通のクレジットカードで分割払いもできるけど、契約時に自動的にリボ払いを支払い方法として選択されいていることも多いようです。クレジットカード契約時には注意が必要ですね。

ポイントキャンペーンによる罠

リボ払いを始めるきっかけとして、今回のわたしのように「ポイントキャンペーンの罠」にまんまと引っかかってしまうパターンが多いんだとか。今でこそキャンペーンには引っかからなかったものの、若いころの自分だったら危なかったかもしれません。

今回調べてみて改めて恐ろしさがわかりました。いい歳してあやうくリボ払いの罠にはまるところでした。どんなにお得なキャンペーンがあっても、ダメ絶対、リボ払いですね。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!