資金計画全般

仕事を辞める前に失業保険を知ろう!

今すぐ辞めてやる!仕事で嫌なことがあったときは毎回そう思っています。そして、職場ではイラっとすることや納得いかないことが多々おこります。

でも、このご時世、仕事を辞めてすぐに次の就業先が見つかるとも限りません。雇用保険に入っているから、仕事がなくても失業保険があるはず。自己都合だとたしかすぐには貰えないんだっけ…

以前退職してからかなり時間がたっていることもあるので、いつ辞めてもいいように給付条件など失業保険について一度調べておこうと思います!

失業手当がもらえる条件

  • 働く意思があり、積極的に就職しようとしていること(失業の状態であること)
  • 離職日以前の2年で雇用保険に加入して被保険者期間が12か月以上であること
  • 会社都合(もしくは自己都合でも正当な理由がある場合)は離職日以前の1年で雇用保険に加入して被保険者期間が6か月以上であること

1年以上は雇用保険に入っていないと失業手当は貰えないようです。また、退職後すぐに次の就職先が決まっていたり、病気やけがなどで仕事ができない人は失業手当がもらえないようです。

退職から失業手当がもらえるまで

  • 退職した会社から離職票を受け取る(だいたい2週間くらいで届く)
  • 必要書類を持ってハローワークへ求職の申請
  • 7日の待期期間後、雇用保険説明会に参加し雇用保険受給資格者証を受け取る
  • 会社都合退社だと手続きから7日の待期期間あり
  • 自己都合退職だと手続きから7日の待期期間+2か月の給付制限あり
  • 失業認定日にハローワークに行き、失業認定申告書を提出して失業の認定を受ける
  • 失業手当の受給

失業手当が実際に支給されるまで結構な時間がかかります。自己都合による退社の場合、実際に振り込まれるのは、退社後3~4か月後でしょうか。

7日の待期期間+2か月の給付制限」があるので、その間はどうしても貯金を取り崩さないといけないので、失業保険があるからと言って気軽に自己都合での退社を選択するのは危険ですね。

会社都合であれば「7日の待期期間」とのことです。すぐに給付期間に入りますが、これはあくまでも会社の都合による退職(倒産、リストラなど)なので、自分の意志でどうにかなることではありません。(自己都合による退職でも正当な理由がある場合は、7日の待期期間になりますが、よっぽどでない限りは認められないようです。)

いくらをいつまで貰えるの?

  • 直近賃金平均のおよそ50~80%が基本手当日額になる
  • 基本手当日額は退職前6か月の賃金、年齢、被保険者期間によって算出される
  • 基本手当日額には上限がある
  • 支給日数は90日~240日(自己都合・会社都合、被保険者期間、年齢により異なる)

細かい計算方法は雇用保険の給付額(失業給付金)の計算できるサイトがあるので、そちらで確認されるといいと思います。わたしの場合、基本手当日額は直近賃金の6割弱くらい、支給日数は120日でした。

月額で考えると生活できなくはないですが、毎月の貯蓄額は減ってしまいますね。というかほとんど貯金はできなさそうです。やはり失業保険に甘えてのんびり転職活動というわけにはいきません。結局仕事を辞めても、すぐに働かないと老後の資金計画に影響が出てきそうです。

おひとりさまには厳しい失業保険

昔、職場を辞める人に「辞めた後どうするの?」と何度か尋ねたことがあります。当時は「失業保険もらいながらのんびり次の職場でも探します。」と答えた人がたくさんいたように思います。わたしもそんな感じでのんびりしたいと考えていたのですが…

改めて調べてみた結果、実家に暮らしているとか旦那さんが働いている場合などは、失業保険で手当てをもらいながらのんびり転職活動…とかできなくなさそうです。

おひとりさまが生きていくには十分な手当ではないため、貯蓄を取り崩さないと暮らしていけなさそうです。せっかく老後のために貯めているお金を働かないで減らしていくのは今までの苦労が水の泡。嫌なことはあるけど、貯金を取り崩してまでではないので、もう少し我慢して働きます…。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!