資金計画全般

老後を幸せに暮らすための3つの資本

老後を幸せに暮らすためには「金融資本」「人的資本」「社会資本」の3つの資本が大事なんだとか。

そもそも「資本」とはなんでしょうか?難しいことは分からなかったのですが、簡単に言うと価値を生み出す仕組みやその手元となるもの

金融資本はお金のことなんだろうということはなんとなく分かるのですが、「人的資本」「社会資本」とは?老後のためにどのように大事なのでしょうか?

金融資本

貯金や株、債券などが金融資本になります。金そのものですね。金融資本を投資することで価値(お金)を生み出すことができます。

金融資本が老後を幸せに暮らすために大事であることは言わずもがなです。そのために必死になって老後の資金を貯めているのですから。

ちなみに金融資本と金融資産は似ていますがちょっと意味が異なるようです。会社でいうと分かりやすいですが「資産=負債+資本(純資産)」となり、資産から返済の必要な負債を引いたものが 資本(純資産)です。

人的資本

労働者の学歴などの教育・知識、経験を積むことによって身に付く技能・能力・訓練を人的資本といいます。簡単に言うと稼げる力ですね。

金融資本は少ないが、体力もありこれから先働ける時間も長い若いうちは、人的資本に時間とお金を投資することでが重要です。人的資本を上ればおのずと価値(お金)を生み出すことができます。

AIやコンピューターの進化により、人からAI・コンピューターに奪われてしまう仕事があります。レジ業務で言えば無人のレジがあったり、サポートセンターはまずチャットボットが受け付けていたり、すでに身近なところでもAI・コンピューターに置き代わっています。

わたしは若いころアパレル販売員をしていて、その時給は1,000円以下でした。接客というスキルは身に付きましたが、それだけではなかなか期待するほどの時給UPは望めませんでした。40代になった今、アパレル業界から転職を繰り返し、スクールに通ったりすることで、なんとか派遣でも生活できるレベルまでにはなっています。

社会資本

経済学でいう社会資本とは公共施設やインフラを指すようですが、ここでいう社会資本は社会とのつながりや人間関係・信頼関係などを指します。職場の仲間・地域のコミュニティ・家族・友人などは、価値(お金)とは関係なさそうに感じます。

たしかに株や貯金など目に見えるものではないですが、愛情や友情など目には見えないけど価値があるものです。また、社会資本はあながちお金と全く関係ないものでもなく、困っていることがあった場合、本来であれば費用が掛かったものが、友人が助けてくれたりすることもあります。インターネットの設定などが分かりやすいですよね。

おひとりさまが一番不安に感じるのは社会資本かもしれません。内閣府の調査によると日本の高齢者の3割が友達いないそうです。職場の仲間は、仕事を辞めると付き合いが無くなることが多いので、定年退職後に友達が誰もいなくなってしまうパターンも多いようです。

高齢者になってからいきなり友達を探すのは難しいかもしれません。わたしもあまり友達が多いほうではないので、落ち着いたら趣味の仲間を増やしたり、学生時代の友達に久しぶりにご飯に誘ったりしたいと思います。今からできることは少しづつ準備していかないとですね。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!