資金計画全般

ライフステージに合わせたマネープラン

とても残念ですがわたしたちが生きる未来は、これまでのように「教育→労働→引退」と単純なライフステージでは、人生100年時代を生き抜くことは難しいようです。

わたしがお金のことをちゃんと考え始めたのは30代後半になってから。もう少し早くマネープランを立てられていたら、もっと資産は増えていただろうと思います。が、後悔しても仕方ない。今日からでも遅くない、がんばって資産を増やしていきたいと思います。

老後を少しでも苦労せず生きるためには、ライフステージに合わせたマネープランを立てることが重要。年代別に必要なマネープランを勉強してみました。

20代

  • 収入を把握する
  • 支出を把握する
  • 社会保険料・税金を把握する
  • 積立貯金を始める(まずは収入の20%から)

20代はとにかく収支などお金の流れを把握して少額でもいいので積立貯金を習慣化することが大事です。

もし、見てくれている人の中に20代の方がいるなら、これが出来ているかいないかでは、この先の人生大きく変わってくると思ったほうがいいです。

わたしは20代なにもできておらず、入ってきた給料はほぼ全て使っていました。なんなら、クレジットカードを限度額いっぱいまで使って、返済でギリギリの生活を送っていました。この20代のお金にだらしない生活のせいで、わたしは30代後半まで苦労することになりました。

30代

  • キャリアプランを考える
  • iDeCo・つみたてNISAなどで運用を始める
  • 年金がいくらもらえるかチェックを始める
  • マイホームを買うなら30代のうちに

転職やキャリアアップを考えるなら、学び直しなどの自己投資も考えて、30代で準備を始めるのがよさそうです。

引き続き積立貯金は行いつつ、iDeCo・つみたてNISAなどで資産運用を始めるにも良いタイミングで、わたしもギリギリ30代後半で始めることができました。

また、大きな買い物のマイホームは、30代のうちに住宅ローンを組んで定年前には完済できるようにしておくのがいいですね。

わたしもマンションの購入を真剣に考えたのは38歳くらいでした。結局、収入の不安定さと物件の条件などで購入を諦めましたが、年齢的にもあの時が住宅ローンを組むならラストチャンスだったかなと思います。

40代

  • 老後に向けてiDeCo・つみたてNISAの運用を増やす
  • 生涯収入が得られるスキルを身につける
  • 収入の範囲内で生活できるようにする

そろそろ老後の準備を本格的に始めていく時期です。資産運用に回す金額を増やしたり、収入内で生活していく工夫が必要になってきます。

また、70歳まで働くことを念頭に、生涯働き続けることができるスキルを身につけたいです。

会社員であれば65歳までは嘱託社員として働いたりすることができますが、派遣社員のわたしはそもそも今の仕事を60歳まで働けるとも思えません。きちんと転職・副業を含めこれからの働き方を考える時期にきました。

50代

  • iDeCo・つみたてNISAの運用を見直す
  • 生活をスリム化して支出を減らす
  • 70歳まで働ける準備をする
  • 年金がいくらもらえるかチェック(より正確な金額を確認)

50代になったら、比較的正確な年金受給額が分るようになります。もらえる年金を元に生活水準を少しづつ下げていけると老後破産を避けられそうです。

また、運用していたiDeCo・つみたてNISAは、よりリスクの低い金融商品に入れ替えるなど運用方法の見直しが必要になってきます。

60代

  • 住宅ローンが残っているなら働きながら返済
  • 60歳で定年退職せず可能な限り働き続ける
  • できれば年金の受給を70歳に繰り下げる(最大42%増額になる)
  • iDeCoの受給を始める

60歳になったら定年を迎えて引退し、年金で悠々自適な生活を送れる時代は終わってしまいました。

これからは、とにかく少しでも長く働くことと、年金を多く受け取れるように、70歳まで年金の受給を繰り下げることが大事になってきます。

なるべく医療費をかけないように、健康であることが1番大事ですね!

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!