くらしのヒント

知っておきたい労災保険の制度

同じ派遣会社の同僚が、通勤途中にけがをしてしまいました。大事には至りませんでしたが、数日お休みすることになりました。

ふと、この場合「労災」って下りるのかな?って気になってしまいました。確か労災って、仕事中にケガをしたときにもらえる給付金だったと記憶しているのですが、通勤中の怪我でもOKだっけ?飲んで帰ったら労災下りないんだっけ?

実は詳しく分かっていない労災の制度。けがをしている本人に「労災使った?」と聞くわけにもいかないので、いざというときのためにどういう制度か知っておきたいと思います。

改めて労災保険の制度とは

労災保険とは、労働者が仕事や通勤が原因で被災(病気やけが)した際に補償される制度です。

治療にかかった医療費は療養補償給付で全額給付されます。また、療養のために仕事を休んだ場合は休業補償給付で80%程度給付されます

治療したものの障害が残ってしまった場合の補償もあります。また、労災で死亡した場合は遺族が請求することで遺族補償年金と葬祭料を受け取ることができます。

アルバイト・パートでも給付される

正社員でなくても「労働者」であれば派遣社員・アルバイト・パートなど雇用形態に関わらず、給付を受けられますし、給付内容も変わりません。保険料は会社が負担してくれています。

経営者・役員・個人事業主などは適応外となりますが、一定条件を満たしている場合、保険料を自己負担することで「労災保険特別加入制度」に任意加入することができます。

労災が認められる場合、認められない場合

労災には「業務災害」と「通勤災害」があります。それぞれ認められるケース、認められないケースがあるようです。

労働基準監督署の調査によって認定されるかどうかが決定します。業務中・通勤中であれば必ず給付されるわけではないので注意が必要です。

業務災害

業務によって負ったけがや疾病、障害または死亡のことで、給付が認められるか否かは、仕事中に発生したけが・病気かどうか、もしくはけが・病気が仕事が原因になったかどうかによります。

業務中でも業務に関係のない私的な行動によるけがなどは認められません。

通勤災害

通勤時のけがなどは、家と職場の往復など合理的な経路および方法で通勤した場合に給付の対象となります。飲み会などの寄り道をした場合や通勤の手段が異なる場合(電車通勤で申請しているのに自転車で通勤するなど)は対象外となります。

ただし、日用品の購入や病院の立ち寄りなどでは通勤災害として認められる場合があります。

手続きって複雑?

労災の給付金請求の手続きは、業務災害なのか通勤災害なのか、被災者の状態によって異なる手続きをする必要があります。

労災が発生したらまずは事業主に報告しましょう。労災の請求は本人が行うことになっていますが、大抵の場合は事業主が代行してくれます。

治療費は労災指定医療機関を利用すれば、自己負担なしで治療を行うことができます

その他の医療機関を利用する場合は、健康保険が使えないため全額自己負担で立て替える必要があります給付が決定すれば、かかった治療費は戻ってきますが、労災の請求から給付までは1か月程度かかります。その際、治療にかかった領収書が必要になりますので、捨てずに必ず保管しておきましょう。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!