くらしのヒント

健康診断直前に悪あがき。

来週、健康診断があります。毎年この時期になると、ダイエットを始めたり、体によさげなものを食べ始めたりと悪あがきをします。(先月は3回もマックを食べておきながら…)

今はなるべく炭水化物を減らし鯖缶を食べ、ウォーキングに筋トレを毎日しています。他に何かできる悪あがきはないかとネットを検索してみたら、この悪あがきのほとんどは健康診断に悪影響を及ぼす可能性があるみたいです。

良かれと思ってやっていたことが、まさか悪い結果になってしまうなんて本末転倒。健康診断まであとわずかですが、本日より普通に食べて、軽いウォーキングだけにしようと思います。

普段の健康状態を見るのが健康診断のなので、当たり前と言えば当たり前ですが、直前にいつもと違うことをしてはいけませんね。来年の健康診断は直前に悪あがきをしないように、普段から食生活気を付けて運動を取り入れていくことが大事ですね…

意外と勘違いしている、健康診断前にやってはいけないことまとめました。

断食や炭水化物抜き

体重を減らしたくてつい健康診断の前日のご飯を食べなかったり、わたしのように炭水化物を抜いたり、量を減らしたりする人って結構多いのではないでしょうか。あまりにも空腹状態だと結果に悪影響を与える可能性が高くになるようです。

前日からの食事制限がある場合を除いて、食事はしたほうがいいのですが、脂っこいこってりした食事はやはり健康診断に影響が出る可能性があります。

水分抜き

汗かいて水分取らなければ、とりあえず体重は減るから「よし、水を飲まずに健康診断に挑もう。」は大きな間違い。

食事抜きとも関係がありますが、水分を取らないということは体が脱水状態です。脱水状態では血液検査や尿検査に異常が出る場合があります。普段通り過ごしていれば問題なかったかもしれないのに、水分を抜いたばっかりに再検査、なんて面倒ですよね。

過度な運動

筋トレやテニス、水泳など激しい運動をすると、尿酸値や肝機能障害の数値に影響する可能性があります。普段から筋トレなどを頑張っている人でも健康診断の2日前くらいから軽めのウォーキング程度に抑えて、体を休めるほうがいいようです。

また、運動した後にプロテインを飲むことがありますが、プロテインも健康診断に影響が出ることがあるようですのでここ最近はプロテインの摂取を控えています。

その他、気を付けること

健康診断の注意事項にもある通り、前日はお酒を控え、当日はタバコも控えたほうがいいです。また、普段飲んでいるサプリメントも数値に影響が出る可能性があるので、少なくても前日からは摂らないほうがいいでしょう。処方されているお薬についは、事前に主治医に相談の上、服用をご判断ください。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!