くらしのヒント

写真データの保存ってどうしてる?

今日までiPhoneのiCloudストレージにお金をかけることを避けて通ってきました。何度「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneはバックアップは作成できません。」と表示されても、なんとか5GBで頑張ってきましたが、そろそろ消せるデータにも限界が出てきました。

iPhoneが壊れたりして、写真データが消えても困るので、本日とうとう泣きながら、50GBの130円(月額)のサブスクを契約しました。さすがに普通に使う分にはこれだけあれば足りるかと思っています。

現在、写真の整理を行っており、過去のネガフィルムをデータ化しています。DVDで納品されるデータをどのように管理しようか悩んでいたので、今回はクラウドサービスでの写真データの管理方法について調べてみました。無料でどこまで使えるか、いろいろなクラウドサービスがあるけどその違いについて見ていきたいと思います。

終活に向けて写真の整理をしよう大切な思い出の写真はできるだけ残しておきたいですが、思い切って終活に向けて写真の整理をしたいと思います。なぜ写真の整理が必要なのか、写真の整理にはどんな方法があるのでしょうか。...

iCloud写真

iPhoneの写真データの管理はiCloud写真が一番手っ取り早いようです。iPhoneの写真の設定からiCloud写真をONにしておけば、写真とビデオを自動的にアップロードしてくれます。

同じApple IDなら他の端末からでも写真を見ることができます。ただしiCloud写真はデータの同期なので端末側で削除した写真やビデオはiCloud写真からも削除されてしまいます。使い方に気を付ける必要があります。完全に不要な写真以外は削除しないことをおすすめします。

5GBまで無料。月額料金も比較的お安く、50GB/130円、200GB/400円、2TB/1300円です。

iCloudは写真だけではなくメールや連絡先なども同期可能です。

Googleフォト

Googleフォトは無料で15GBまで使用可能なので、iCloudに比べると少し余裕がありますね。Googleフォトアプリをインストールして使うことができます。ただし、この15GBはGmailなどと共有なのでGmailの容量が大きい場合はGoogleフォトの容量の空きが少なくなります。

こちらも追加容量の月額料金はお安いです。100GB/250円、200GB/380円、2TB/1300円です。

Amazon Photos

Amazonプライムの会員であれば、なんと!写真は無制限でアップロード可能です。写真の保存については申し分ないのですが、残念な点は動画の容量は5GBまでが無料というところ。

容量を追加したい場合の月額料金は、100GB/250円、1TB/1300円です。

ずっとAmazonプライム会員を続けるのであれば利用しない手はないと思います。

OneDrive

Windowsを利用されている方には、おすすめのMicrosoftのクラウドサービスです。

Microsoftアカウントがあれば5GBまで無料で使えます。他のサービス同様、月額100GB/224円で容量を追加することが可能です。

しかし、OneDriveのすごいところは年額12,984円でMicrosoft 365 Personalを購入すれば1TBの容量が追加できるうえに、Microsoft OfficeのExcelやWordの利用が可能になります!!WindowsユーザーならOneDriveの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

今回わたしはiCloud写真を追加しましたが、今後、Microsoft Officeを搭載していないパソコンを利用する場合はOneDriveの利用がメリットがありそうです。ご自身の利用しているサービスや金額でクラウドサービスを選ぶのが良さそうですね。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!