投資信託

投資信託、次のステップはETF?

ETFとは上場している投資信託のこと。iDeCoやつみたてNISAなどで購入できる投資信託は、市場が終わった後、1日1回基準価格が決まりますが、上場しているETFは株式などと同様にリアルタイムで値動きをしています。

ETFも投資信託なので、上場しているかしていないか以外の違いはどこにあるのでしょう。また、お金持ちになるために米国ETFへの投資をおすすめしている本や動画が多いですが、なぜ米国ETFなのでしょうか。

ETFのメリット

高配当のETFがある

米国のETFには5%を超える利回りの高配当ETFがいくつもあります。老後の不労所得として長期保有を考えているのであれば、日々の値動きを気にせずに資産形成することができるので、高配当ETFは最適と言えるのではないでしょうか。

リアルタイムで値動きが分かる

投資信託の場合はリアルタイムで売買ができないので、いくらで売買できたか分かりにくい点があります。ETFは上場しているので、通常の株式の取引同様にリアルタイムで値動きが分かり、指値・成行で売買することができます

投資信託より手数料が安い

昔は手数料の安さが大きなメリットの1つでした。ただこの点については、最近の投資信託の手数料を考えるとそこまでメリットにならないかもしれません。特にiDeCoやつみたてNISAなどで取引ができる投資信託は、かなり手数料が抑えられているので大きな差はなくなってきています。

ETFのデメリット

配当金が再投資されない

米国ETFで得た配当金は自動で再投資される仕組みがありません。受け取った配当金を自身で再投資するなどの作業が必要となります。もちろん受け取った配当金は投資ではなく、別のことに使うということであれば特に問題ないかもしれませんが、それでは複利効果は薄れてしまいます。

また、配当金を受け取った場合、配当金に対して課税されます。配当金(分配金)なしの投資信託は配当金を出さずにその分運用に回します。運用に回している分については課税されませんので、配当金(分配金)なしの投資信託はその分複利効果を得られることになります。

つみたてを手動でやる必要がある

長期投資に向いている米国ETFはつみたてて資産を増やしていくドルコスト平均法がおすすめされています。しかし、現在のところ、米国ETFのつみたてができる証券会社はSBI証券のみです。SBI証券以外の証券会社を利用されている方は手動で毎月購入するなどしなくてはなりません。

減配される可能性がある

配当金には増減がありますので、景気・業績が良ければ配当金も増えますし、景気・業績が悪くなれば配当金が減配されるのも当然です。それでも、日本に比べれば米国は連続増配の企業が圧倒的に多く、高配当投資を狙うのであれば米国ETFへの投資がおすすめです

米国ETFで運用する?

ETFのメリット・デメリットを見てきましたが、米国ETFでの運用を考えるべきでしょうか。結論から言うとわたしは米国ETFでの資産運用は見送ろうと思います。

米国ETFを選ぶポイントとしては配当金を得たいかどうかが大きいかなと思いました。

例えば、iDeCoやつみたてNISAでも購入できる、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・マザーファンド)という投資信託は、本家VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)に投資していることになります。

配当金をVTIに再投資したいと考えているので、複利効果を考えると楽天VTIのほうがいいと思います。配当金をもらって、他のことに使いたいと思うのであれば本家VTIでもいいかもしれませんね。

また、楽天VTIであれば自動でつみたてできるところも、わたしとしては大きな魅力です。毎月決まったタイミングで手動で購入できればいいのですが、忘れてしまったり、暴騰・暴落時に判断が鈍ったりしそうです。そうなるとドルコスト平均法で投資できなくなりそうなので、意志の弱いわたしには向いていない気がしました。

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!