おすすめ本

【本レビュー】月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活

「月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活」を読みました。結論から申し上げると…わたしが思っていた内容とは異なるものでしたが学ぶべき点はあったので紹介したいと思います!

こんな人におすすめ

わたしは月10万で著者がどんなミニマルな生活を送っているのかを知りたくて、タイトルに惹かれ購入したのですが、その辺の具体的なこと(例えばいくらの家賃でどんなものを食べて暮らしているとか)はほとんど書かれていませんでした。

ミニマリストになるためのノウハウはあまり書かれていないので、どちらかというと、ミニマリストに興味のある人が読む、ビジネス本や自己啓発本といった感じです。好きなことで仕事を成功させるための手段としてミニマリスト生活を勧めています。

この本に期待することが間違っていなければ、ミニマリズムが人生にもたらす影響がどんなに素晴らしいものかを教えてくれる1冊になるのではないかと思います。

本の概要

第1章

著者がミニマリストになったきっかけやミニマリズムに対する考え方について、どんな人生にしていきたいか、どんな夢を叶えたいのか。お金と時間を消費社会に費やすのではなく、自分の夢を実現するために使うべきであると。何のためにミニマリストになるかを明確にするための道筋が書かれています。

第2章

この章の前半では物を手放すために必要な考え方。大切なものとは、時間を生み出すもの、お金を生み出すもの、気持ちをあげてくれるものの3つであると。取り組むべき場所や順序、どうしても捨てられないものはどう考えるべきかなど具体的な手放し方について、後半は物の多さが豊かさではないことが書かれています。

第3章

第3章は物ではなく、心のストレスを減らすための方法です。

豊かに暮らすためには心が穏やかでなくてはなりません。今ストレスとなっている原因をなるべく手放し、すきなことややりたいことに心を向けるためにできることが書かれています。

第4章

人付き合いについて書かれています。

人生を変えるために付き合うべき人を見直す必要があります。距離を置くべき人、付き合うべき人がどんな人か、また人との付き合い方などを知ることができます。

第5章

大事なお金の話になりますが残念ですがタイトルの月10万円の内訳などではありません。

主に支出を減らす方法について紹介されています。もちろんミニマリストになればかかる支出も自然と減ります。そして大切なお金を何に使うべきか、好きなことで仕事をするためにはどうすべきかなどが書かれています。

読んでみて感じたこと

はい、冒頭からお伝えしております通り、わたしが期待していた内容とは違いましたのでがっかりはしました。ただ、なぜミニマリストに憧れているのか改めて考えるきっかけになりました。もちろん少ないお金で老後を暮らすためと思っていてそれは変わらないのですが、目的がそのためだけではさみしいミニマリストになりそうです。

著者はYouTubeで稼いでいるようですので決してお金がないわけではなく、やりたいことのために無駄なお金と時間を使わないようにミニマリストになっています。ものがなく、お金もないミニマリストは貧しいだけかもしれません。自分の理想の人生とはなにかを改めて考え、そのために必要なものは残し、今まで不要なものにかけていたお金と時間を、理想の人生のためにかけていけたらいいなと思いました。理想の人生を明確にしてからミニマリストになったほうがよさそうですね。

ちなみにタイトルの月10万は一人当たり月10万とのこと。著者は既婚者のようで妻と合わせて月20万だそうです。さらっと後半に書かれていました。一人暮らし10万と夫婦で20万じゃ、ちょっと話違くないっすか(笑)?って感じです。購入を検討されている方はAmazonのレビューを見て期待している内容か確認したほうがいいかと思います!

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!