おすすめ本

【iDeCoまずこの1冊から!】世界一簡単にできるiDeCo

世界一簡単にできるiDeCo
created by Rinker

こんな人におすすめ

iDecoってなんかちょっとめんどくさそうと尻込みして、iDecoまだ始めていない人はまずこの1冊を読んでるといいと思います。「世界一簡単にできるiDeCo」は始めるまでの悩みや分からないこと、iDecoがなぜ必要なのかなどがマンガで紹介されているのですごく分かりやすいです。(わたしは「マンガで分かる」に頼りがち…)

この本のいいところは、iDeco口座開設の具体的な書類記入例が記載されているところ。iDecoを始めるまでの手続きって結構面倒で、わたしが始めたときは書類に不備があり一度書類が戻ってきてしまいました。すぐにiDecoを始めたかったのに、書類不備のせいで予定より2か月遅れてしまいました。

この本があれば、迷うことなくiDecoを始めることができると思います。もちろん、運用商品の選び方やiDecoの仕組みもこの本でざっくり分かります。iDecoを始めるための1冊としてはかなりおすすめの本です。

本の概要

「老後2000万問題」をきっかけに老後資金を考える、伊出子(イデコ)ファミリー。iDecoのことを何も知らない伊出子夫婦にファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんがアドバイスしながら、iDecoの有利な制度について学ぶことができます。

老後のお金はこうして用意する

今も昔も老後資金の柱は公的年金。でもこれからは公的年金だけでは老後の生活は送れないので、自分で年金を作るiDecoの制度が必要。Part1では公的年金との違いやとってもお得なiDecoの仕組みを解説しています。

iDeco口座の作り方

Part2では運用管理機関の選び方、iDeco申し込みから加入までとても親切に解説しています。国民年金の第1号被保険者(フリーランス・自営業など)、第2号被保険者(会社員・公務員など)、第3号被保険者(専業主婦など)ごとに加入申込書の記載例があり、これを見ながら記載していけば迷うことはないのでは、と思います。

iDecoの運用の仕方

Part3ではiDeCo口座を開設した後、どう運用していけばよいのか。どんな運用方法があって、どの金融商品を選べばいいのかを解説しています。ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんのおすすめのファンドも紹介されています。

わたしも「iDeCoの運用ってどうする?」で勉強した際には、この本がかなり参考になりました。というかかなり影響を受けています。

iDecoの成長を楽しもう

iDecoで積立運用はじめたら、あとはほとんどほったらし状態。たまにネットで資産状況を確認したり、送られてくる報告書を見たりするけど、本当にこのままほったらかしていいのか。part4ではiDeco運用中の疑問や必要な手続きについて解説しています。

受け取る時もおトクなiDeco

Part5ではiDecoの受け取るタイミングや受け取り方が解説されています。また、iDecoの給付金が課税対象になる場合についても紹介されていますので、iDecoを受け取るのはまだまだ先のことかもしれませんが、Part5もきちんと読んで理解しておく必要があります。

読んでみて感じたこと

モック本なので正直あまり期待していなかったのですが、本の表紙にも書いてある通り「難しい言葉はいっさいナシ!」なので理解しやすい本でした。また、初心者ならではの勘違いや疑問点も解決してくれる、まさに痒いところに手が届く本です。

この本は2019年12月発売のため、2020年の法改正による2022年~の制度変更については解説されていません。ちなみに制度変更は下記の通りです。iDecoを始めるにあたっては、2022年~の制度変更はそこまで影響はないと思いますが念のため。

  1. iDeCoの加入可能年齢が原則65歳まで拡大(2022年5月~)
  2. 企業型DCとiDeCoの同時加入要件の緩和(2022年10月~)
  3. iDeCoの受け取り開始可能年齢が75歳まで拡大(2022年4月~)
ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


節約・貯蓄ランキング
  にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!